労働基準監督署の調査がやってくる!?
理由は2つ。
1つ目、「定期監督」。これは単に、労働基準監督署の抜きうち調査にあたってしまった。
指導対象事業所とされてしまったことが原因です。
もう一つは、「申告監督」。これは、本格的調査。
この場合、自分の権利を守るため実名で訴えた従業員がいます。徹底的に調べられます。
でも、いずれの場合であっても、あわてずに適切に対応することで、会社が受けるダメージを和らげることは可能です。
ここで最も重要なことを一つ。
「初期対応が全てを決める」。
初動が全て。ここを誤ると泥沼にハマったまま抜け出れなくなる。
更なる是正勧告を受けたり、長引いて、最悪書類送検にでもなったら、
取引先を失ってしまうかもしれません。
会社経営に影響がでない間に収束させる必要があります。
是正勧告・指導票が交付されてしまった場合には、費用はかかっても経験豊富な専門家をいち早く見つけて、すぐに代理処理を依頼するのが、結局は一番早い解決につながる。
でも、本音を言うと、この業務、本当に請け負える人ってごく僅かしかいないはず。
ちなみに私、場数ならたぶん、かなり多いクラスだと思う。
たいていの案件はできるかな…
労働基準監督署の調査がやってくる!?
 
理由は2つ。
 
1つ目、「定期監督」。これは単に、労働基準監督署の抜きうち調査にあたってしまった。
指導対象事業所とされてしまったことが原因です。
 
もう一つは、「申告監督」。これは、本格的調査。
 
この場合、自分の権利を守るため実名で訴えた従業員がいます。徹底的に調べられます。
 
でも、いずれの場合であっても、あわてずに適切に対応することで、会社が受けるダメージを和らげることは可能です。
 
ここで最も重要なことを一つ。
 
「初期対応が全てを決める」。
 
初動が全て。ここを誤ると泥沼にハマったまま抜け出れなくなる。
 
更なる是正勧告を受けたり、長引いて、最悪書類送検にでもなったら、
 
取引先を失ってしまうかもしれません。
 
会社経営に影響がでない間に収束させる必要があります。
 
是正勧告・指導票が交付されてしまった場合には、費用はかかっても経験豊富な専門家をいち早く見つけて、すぐに代理処理を依頼するのが、結局は一番早い解決につながる。
 
でも、本音を言うと、この業務、本当に請け負える人ってごく僅かしかいないはず。
 
ちなみに私、場数ならたぶん、かなり多いクラスだと思う。
 
たいていの案件はできるかな…
 
 
労働基準監督官が行う査察を労働基準法では
臨検、安全衛生法では立入りと呼びます。

1. 定期監督、2.申告監督、3.災害時監督、4.再監督の4種類があります。
• 1.    定期監督は、年度計画に基づいて、業種や事業所を任意に選んで定期的に臨検を行います。労働条件全てについて査察が前提ですが、不払い残業、健康管理については特に重点がおかれているようです。
• 2.    申告監督は、労働者からの申告(訴え)に基づく査察です。被害届が出ている内容の裏付けを取るための査察であるため、定期監督よりも厳しい臨検になることが多いようです。
• 3.    災害時監督は、事業主から労災発生時に提出された死傷病報告書に基づき、必要がある場合、現場検証等、臨検が行われます
• 4.    再監督は、臨検等により是正勧告書、指導票が交付された場合、改善が見られないと判断された際に行われる再指導です。
再監督ののちなお改善されない場合には、司法処分されることもあります。
労働基準監督官は特別司法警察職員であるため、強制捜査権、逮捕権を持っているので、悪質な場合は、身柄拘束のまま書類送検などもあり得ます。
臨検等の査察があった場合には、初期における適切な対応が重要になります。